TAS高橋洋臣e久美

BLOG/NEWS

1月は行く

2018.02.28

2月は逃げる 3月は去る

1月から3月までは時間の経つのが早いという事を表した言葉ですが・・・

 

ほんまに・・・

ほんまっに・・・

2月はあっという間やった・・・

 

1月はゆっくり時間が流れていたような気がするのは、昨年がいろいろとたいへんだったからかもしれない。

2月は時間の流れが速いと感じたけれど、単に元に戻っただけかもしれない(笑)

そして、3月はそれこそあっという間に去っていく予感がする(怖)

 

本日はや28日です。

ホームの写真、いまだお正月飾りのまま

 

とりあえず、ホームの写真、変更しました。

 

 

 

木瓜2

 

我が家の木瓜の花、ただ今満開です。

(我が家の「ボケ」が満開ということではありません・・・笑)

 

「はんなりと まったりと  孌日記」

2018年

2018.01.05

 

2018-3n

Felice  Anno  Nouvo  !

 

 

 

 

「はんなりと まったりと  孌日記」

2017年

2017.12.31

も残すところ、数時間となりました。

 

今年は私事で初めて経験することが多々あり、その度に右往左往しつつ、いろんな方のご助力をいただいて、なんとか乗り切れました。

 

「人の情け」という言葉をしみじみ実感した年でした。

自分も誰かの何かの力になれるよう精進しようと、改めて思った年でもありました。

 

穏やかな大晦日を迎えられことに感謝しつつ、来年もよろしくお願いします。

 

da25fea1744c2556ee4681ab35d5f2c0_m

「はんなりと まったりと  孌日記」

師走

2017.12.01

12月となり、いよいよ押し詰まってきました。

 

でも、昔のように年の瀬のあわただしさをあまり感じなくなりました。

なんでやろ?年のせい?(とは思いたくない。。。)

 

生活様式の変化で、お正月の特別感がなくなっているからでしょうか。

 

子供の頃の12月といえば、大人も子供もお正月の準備のあわただしさに追われながらも、同時にお正月を迎える特別感・ワクワク感がありました。

 

ご近所で集まってする餅つき(石臼と杵でついてました)も楽しみだったし、お正月用にと特別に買ってもらうお菓子も楽しみでした。

 

が、私にとって師走の一番好きな風物詩は「大掃除」なのです。

 

門や玄関の戸・窓や障子を全て外して、たわしでごしごし洗い、道端にずらっと並べて乾かしている風景が好きでした。

 

子供心に「お正月や、お正月や」みたいな・・・

 

 

 

だからでしょうか、今も暮=大掃除(笑)とインプットされております。

 

ただ最近はお正月が来るから「普段はやっていない所まできれいにしよう」という前向きな気持ちではなく、とっちらかった部屋を眺めて「ここでやっとかないと、来年1年このまんまだぞ」という後ろ向きな気持ちでやっているように思います。

 

多分、師走のあわただしさを感じなくなっている原因はこれだと思います。

お正月の準備なら何がなんでも大晦日までに片付ける必要がありますが、そういう気持ちではないので、できなくても「まっ、いいか」で済ませられる(笑)

 

 

 

「掃除しなくても正月はくるで~」という相方に感化されたのかしらね・・

 

 

 

「はんなりと まったりと  孌日記」

いい夫婦の日

2017.11.22

気がつけば、早11月も半ばを過ぎ、12月が目の前・・・

 

毎年この時期になると「ほんま、時間の経つのが早いわぁ、年々はよなるわぁ、何してたんやろかぁ、今年」と進歩なくぼやいておりますが、今年はほんまにあっという間に年末に突入!していく感じです。

 

脚の怪我が落ち着いてきたと思ったら、10月の末に風邪をこじらせて(「鬼の霍乱」ちゅうやつです、はい)、11月前半もほぼ棒に振ってしまい・・・(更新が遅くなった言い訳です、はい)

 

 

さて、本日は「いい夫婦の日」だそうです。

病気とか怪我とかするとお互いの存在の有難さがわかるといいますが・・・

 

う~ん、わかりませんでしたねぇ・・・

むしろ、相方の「冷たさ」がよくわかった(笑)

 

まっ、それなりに気遣ってはいてくれたのでしょうが、二人でやっている仕事を1人でこなさねばならなかったので、それどころではなかったのでしょう、きっと。

(と思う事にしました、お互いの平和のために)

 

 

そして、明日23日は大阪ガスハグミュージアムにて、相談会を開催させていただきます。

お寒い中ですが、お住いについて何かお考えの事、お悩みの事がありましたら、お気軽にお越しくださいませ。

お待ちいたしております。

 

 

「お知らせ」