TAS高橋洋臣e久美

老後の住まいREFORM

千里の家大阪府 木造2階 リフォーム

築20数年の住宅の全面リフォームです。
クライアントは建て替えかリフォームかで悩まれて、ご相談を受けました。
年齢的にも終の棲家となるので、将来は1階のみで暮らせるようにしたいとのご要望でした。
構造がしっかりしていたことと必要な広さを1階のみでも確保できそうだったのでリフォームとなりました。
部屋数を減らして各室の空間を広くして1階のみで生活は完結するようにし、2階はお子さん達が帰省したときのための予備空間としました。
室内のバアリアフリーは当然ですが、テラスも床を上げてLDKとの段差を解消し、庭とのつながりをよくしました。
また、テラスの床のタイルをリビングの一部に取り込むことでLDKとテラスに一体感をだし、LDKにより広がりが感じられるようにしました。

ご主人がお仕事でよく行かれるアメリカの郊外の住宅がイメージのコンセプト。
外観は変わっていませんが、イメージは一新されました。
ガーデニングがお好きな奥様が丹精こめて庭造りをなさっておられます。