TAS高橋洋臣e久美

FLOW設計監理の流れ

1
面談
プラン

・まずお会いして、ご要望を伺い、1回目のプラン(平面図)を作成します。
・これを基にして、数回の打ち合わせ、プラン変更をします。(作成図面は平面図,立面図、必要に応じて簡単なスケッチ)
・この段階でお断りいただいた場合、費用は発生しません。

2
契約

・プランと設計者の人間性が気に入っていただけたら、契約をお願いします。
・着手金として、設計監理料の20%が必要です。

3
基本設計
(1〜1.5ヶ月)

・決定したプランを基に、外部や内部の仕上げ材料の選定、電気やガスのコンセントの位置、
 照明器具や衛生機器、カーテンなどの必要な物を写真やスケッチ等で打合せし、設計を進めます。
・パースや模型等も必要に応じて制作します。
・具体的なイメージをつかみ易いのが基本設計図です。
・基本設計完了時に設計監理料の20%が必要です。

4
実施設計
(1.5〜2ヶ月)

・基本設計を基に、見積り及び工事に必要な図面(意匠図・構造図・設備図)を作成します。
・ここまでが設計の仕事です。次から監理の仕事になります。
・実施設計完了時に設計監理料の30%が必要です。

5
工事見積
確認申請
(約1ヶ月)

・実施設計図面を基に施工会社数社に見積もりを依頼します。(相見積といいます。)
 同じ図面でも施工会社によって見積もり金額が違います。
 各社の見積書をチェックして、適正な工事金額の見極めをします。
・建築確認申請手数料が必要です。

6
施工者決定
建築確認許可
着工

・施工者を決定し、確認申請許可が下りたら、着工です。
・上棟時に設計監理料の15%が必要。
・中間検査及び竣工検査申請手数料が必要です。

7
竣工

・工事終了後、施工者・設計監理者・施主それぞれの検査を行い、不備な点の修正工事等の完了および
 検査機関の完了検査に合格した後、お引渡しとなります。
・建物引渡し時に設計監理料の残り15%をお支払いただきます。

FEE設計監理料について

 

建築工事費によりかわります。
住宅の場合、概ね工事費総額の10%です。